So-net無料ブログ作成
検索選択

火星探検-Mission to Mars [SF映画]

  映画『ミッション・トゥ・マーズ』(Mission to Mars、2000年 米国)は、人類初の火星探査旅行をテーマーにしたSF作品です。

NASAが全面協力したというだけあって、『2001年-宇宙の旅』に劣らないリアリティで観るものを引きずり込みます。
また、さすがにブライアン・デ・パルマ監督が手がけた作品だけあって、オープニングからエンディングまで見るものをグイグイ引きずり込みます。
でも、どうやら興行的にはあまりヒットしなかったようで、映画関係サイトなどでもあまり大きく取り扱われていませんね...


mtm-2b.jpg


ミッション・トゥ・マーズ(Mission to Mars)製作スタッフ

  監督   ブライアン・デ・パルマ
  製作総指揮 サム・マーサー
  製作  トム・ジェイコブソン
  脚本 グラハム・ヨスト
         ジム・トーマス
         ジョン・トーマス
  出演者  ゲイリー・シニーズ
               ティム・ロビンス
  音楽 エンニオ・モリコーネ
  撮影 ピーター・シャシスキー
    配給    ブエナビスタ
    公開   2000年3月10日(米国)


 ストリー

西暦2020年6月、テキサス州で第一次火星探査計画のクルーたちの送別会が行われていた。
クルーに選ばれたのはルークを含む4人の科学者達。本来ならジム(ゲイリー・シニーズ)もその中に選ばれていた筈だった。だがジムは、その直前に、妻で同僚でもあり、そしてもっとも火星に行く事を熱望していたマギー(キム・デラニー)を病気で失うという出来事に見舞われて意欲を失い、自らクルー就任を辞退して地球周回軌道上の宇宙ステーションでルークたちのバックアップを務める事になった。ジムやマギーとも親しかったルーク(ドン・チードル)はその事を気にかけつつも火星に向かった。


mtm-p.jpg


2030年、人類初の火星有人調査が… 続きを読む


アポロ13号の奇跡 [SF映画]

「Lost Moon」といっても知らない人がいると思いますが、これは人類の宇宙開拓史上に残る、「アポロ13号」の奇跡的ともいえる生還劇を綴った小説の原題(和訳は”失われた月”)で、映画好きな人ならすぐに『アポロ13』を思い出すと思います。
この作品は実際のアポロ13号の船長であったジム・ラヴェルがジェフリー・クルーガーと共著で著したもので、これが映画『アポロ13』の原作となったものです。


ジム・ラヴェル/ジェフリー・クルーガー共著の「Lost Moon」
Lost_Moon_02.jpg




アポロ13号の生還ドラマ


アポロ13号は、「アポロ計画」で3回目の月着陸を目標として1970年4月17日にケネディ宇宙センター第39複合発射施設から、米中部時間の13時13分に発射されました。



アポロ13号のクルーは…続きを読む


タグ:宇宙

スター・ウォーズ 雑学編 [SF映画]

  たかがスター・ウォーズ、されどスター・ウォーズですね。

一回で書き上げるつもりが三回になってしまいました[たらーっ(汗)]
でも今回(こそ?)は最終回ですのでご辛抱して読んでくださいね。

さて、スター・ウォーズ特集、今回は雑学偏です。


p500.jpg





スター・ウォーズが生まれるまで

『スター・ウォーズ』は周知のように米国の「20世紀FOX」によって配給された作品ですが、最初、20世紀FOXは(正確にはどの映画スタジオも)映画化に関心を見せませんでした。それは最初にも書いたように、SF映画なんて当時は二流のSFマニア向け映画だと観られていたからです。


    オビ・ワン役のアレック・ギネスとルーカス               デス・スターの模型を見るルーカス
george_04.jpg george.jpg


   そのルーカスのアイデア(脚本)を支持し、20世紀FOXが『スター・ウォーズ』を制作するように努力したのが、当時、同社の重役だったアラン・ラッド・Jrです。 かくしてルーカスは『スター・ウォーズ』の制作を開始しますが、あまりにも特撮や音響装置などに凝り過ぎて金を使いすぎたため制作費がすぐに底をついてしまいます。
20世紀FOXは当初からあまり乗り気でなかったこともあり、『スター・ウォーズ』の制作打切りを考えますが、アラン・ラッド・Jrが制作続行を主張したおかげで制作費を大きくオーバーしながらもようやく完成しました(このため後日、アラン・ラッドはFOXを辞めることになる)。
ルーカス自身も当時、日本円にして5千万円ほどであった監督料をFOXに返上するなどの経費軽減努力をしています。その代わり、ルーカスはスター・ウォーズに関するマーチャンダイジングの(商品化権利)を20世紀FOXに要求しました。
『スター・ウォーズ』はようやく完成したものの、制作時における心身の苦労(FOXからのプレッシャーやブレーンとの意見の対立などによるストレス)でルーカスは疲れ果ててしまい、それに加えて『スター・ウォーズ』は興行的に失敗作だとの前評判に耐えれず公開を待たずにルーカスはハワイに逃げていってしまいます。
結果的には『スター・ウォーズ』は大ヒットし、それに便乗して「スター・ウォーズ関連商品」も大ヒットし、ルーカスは莫大な収入を得ることになりました。マーチャンダイジングによる収益はスター・ウォーズ全6作(特別篇、ビデオ、DVD収入を含む)よりもはるかに上回る結果となったと言われています。

  george_03.jpg


これにより、ルーカスは以後のスター・ウォーズ・シリーズを自己資金で制作することが可能となります。
しかし、実際は第二作(エピソードV)でもルーカスは資金作りでけっこう苦労しているのですが、20世紀FOXとのトラブルは続きます。このときののトラブルからFOXに嫌気がさし、後に『インディアナ・ジョーンズ』を制作するときは20世紀FOXを見限り、パラマウントと契約をしました。『インディアナ・ジョーンズ』も興行的に大ヒットし、20世紀FOXは臍を噛むことになりますが、インディアナ・ジョーンズの監督をしたスティーブン・スピルバーグとはルーカスが逃避したハワイで知り合い懇意になったといいますから、人生、何が幸運をもたらすか分かりませんね。。。


george_lucas17.jpg  george_2.jpg


スター・ウォーズのポスター

1980年に公開された『スター・ウォーズ・帝国の逆襲(エピソードV)』の世界共通ポスターのイラストを担当したのは生頼範義(おうらい・のりよし)です。さすが生頼氏、すばらしいペンタッチですね。


ilustration.jpg

続きを読む


スター・ウォーズの世界 スペースシップ編 [SF映画]


『2001年 宇宙の旅』との比較

正確には『2001年宇宙の旅』との比較 and/or 『スター・ウォーズ』の非科学性の検証(?)です[たらーっ(汗)] 
先にも述べたように、『スター・ウォーズ』と『2001年 宇宙の旅』の両作品は、近代SF映画の双璧を成すエポックメーキング的な大作ですが、『2001年 宇宙の旅』が徹底的に科学的考証に耐え得る作品を目指したのに対して、『スター・ウォーズ』の方はとにかく面白く格好よければいいという考えに立って制作されたものなので科学的に見るとおかしなシーンにお目にかかります。以下はその例です。


宇宙空間では音は聞こえないはずだが、SWでは壮絶な爆発音が聞けます
mf-attack.jpg


[1] 宇宙空間での先頭シーンではレーザー砲の発射音や宇宙船の爆発音が出ます。宇宙空間には空気がないため、音を伝える媒体がないので音が聞こえないことは前回にこのブログ「2001年 宇宙の旅 A Space Odyssey」で説明したとおりです。


[2] エピソードV (第二作)でハンソロたちを乗せたファルコン号が帝国宇宙船の追撃をふり切り、一時的に着陸した小惑星の洞窟内で船外に出るときに、防毒マスクみたいな呼吸装置だけをつける。大気もないような小さな惑星では毒ガスどころか酸素そのものがありません。

[3] 同じく、その洞窟で洞窟の内部だと思っていたのは宇宙の怪物スペース・スラッグだった(だから怪物の体内に有毒ガスがあった?)。間一髪で怪物にファルコン号が飲み込まれる前に脱出したけど、あんな巨大な怪物は何を食って生きているのだろう?小惑星は大気がないようなので餌になる他の生物もいないはず。また大気がないから怪物も呼吸ができない→当然、体内にも酸素などないはず。

[4] スター・ウォーズに登場する宇宙船はその殆どがハイパードライブ超光速航法)で宇宙空間を航行するが、アインシュタインの相対性理論によれば、光速に近いスピードで移動するものはほとんど時間が経過しなくなると定規していますので、光速の場合は時間の経過がストップするので歳をとらなくなり、ハン・ソロが操縦するファルコン号のように光速を超えるスピードだったら… 歳が若返る?まあ、スター・ウォーズは科学理論、現実を無視したSFなのでみんな同じように歳をとるようです[たらーっ(汗)]

[5] アナキンとパドメの年齢差は、資料によればパドメが初めてアナキンに会った時、アナキンは10歳でパドメは15歳(一説では9歳と14歳)だったそうですが、なぜかアナキンだけが成長して大人になっていく感じがするのは私だけでしょうか? ちなみにアナキンとパドメが結婚するのは初めて会ってから10年後なのですが…


パドメは姉さん女房?
AniPadme.jpg




続きを読む


スター・ウォーズの世界 [SF映画]

遠い昔、はるかかなたの
銀河系で・・・ 


エピソード4
新たなる希望

時は内乱の嵐が吹き荒れるさなか
凶悪な銀河帝国の支配に対し
反乱軍の宇宙艦隊は秘密基地から
奇襲攻撃を仕掛け、はじめての勝利を
手にした。

その戦闘の間に、反乱軍のスパイは
帝国の究極兵器に関する秘密の
設計図を盗み出すことに成功した。
それは「デス・スター」と呼ばれ
惑星を丸ごと粉砕できる破壊力を
備えた恐るべき究極の最終兵器、
死の惑星だった。

邪悪な帝国の手先どもに追われ
ながらも、レイア姫は自らの宇宙船を
駆って、盗み出した設計図を携え
故郷の星への道を急いでいた。
この設計図こそが、人民を救い
再び銀河に自由を取り戻すための
鍵となるのだ・・・


 
  このは映画『スター・ウォーズ』を観られた方は誰でもよく覚えておられると思う、オープニングに流れる物語の紹介文です。オープニング・ロールと呼ぶようですが、上述のはエピソードIV(シリーズ最初の作品)のものです。
 
今回は『スター・ウォーズ(Star Wars)』(米国1977年)特集です。

前にこのブログで取り上げた『2001年 宇宙の旅』は、よほどのSFマニアでないとよい評価をあたえないのに対して、『スター・ウォーズ』の方は万人向けの娯楽大作であり、1977年の公開時には大ヒットとなり、以後6作制作されるわけですが子供から高齢層という幅広いファンを世界中にもつ人気SF映画となりました。
この作品が映画界にあたえた影響は大きく、『2001年 宇宙の旅』同様に映画史を塗り替えたと言っても過言ではないでしょう。『スター・ウォーズ』の功績は、それまでB級映画、あるいはマニア向けの映画としか見られてなかったSF映画に対する評価を一変したことにあります。


sw.jpg



『スター・ウォーズ』は、同作品の原作者であり、初作の監督・制作総指揮をしたジョージ・ルーカスを、トップクラスの監督に成し上げ、たまたま彼の友人でほとんど無名に近かった俳優であったハリソン・フォードを一躍大スターにした作品であることでも有名です。


                 スター・ウォーズ・エピソードIV                 ジョージ・ルーカス 
        star.jpg   GeorgeLucas.JPG



続きを読む


2001年 -宇宙の旅(A Space Odyssey) [SF映画]

今日は、Lobyが大好きな外国の作品、『2001年宇宙の旅』(原題:, 2001: A Space Odyssey)の紹介です。2001年 宇宙の旅-原作者原作はかの有名なSF作家、アーサーC.クラークのものでそれを巨匠スタンリー・キューブリックが1968年に映画化したものです。

アーサーC.クラークについてはいまさら説明するまでもなく、20世紀を代表するSF作家の一人であり、科学解説者としても著名です。クラークは惜しくも2008年に亡くなりましたが、『宇宙の旅』シリーズは今回取り上げる『2001年 宇宙の旅』のほか、『2010年 宇宙の旅』(1984年映画化) 、『2061年宇宙の旅』、『3001年終局への旅』 の3篇があり全部で4篇あります。
キューブリック監督は『時計じかけのオレンジ』(1971年)や『博士の異常な愛』(1964年)などの作品で有名ですが、この映画の巨匠も残念ながら1999年に亡くなっています。
『2001年宇宙の旅』は、正しくはアーサーC.クラークとスタンリー・キューブリックの共同制作なのですが、ストリーは当然、クラークが書いています。『2001年宇宙の旅』のベースとなったのは同じクラークの短編 『The Sentinel』(和訳は「見張り」、または「前哨」)であり、私は読んでいませんが人類発生以前の時代から月から地球を観察すべく置かれていた未知の物体の話しです。このストリーを発展させて映画化目的で製作されたのが『2001年宇宙の旅』というわけです。したがって、『2001年宇宙の旅』の小説版は、映画をベースにアーサー・クラークが後ほど書いたものであり、今回は映画版の『2001年宇宙の旅』について書きます。  

 2001 Space Odyssey (01).jpg


『2001年宇宙の旅』は発表当時、その作品の緻密さ、リアリティ、科学的考証の素晴らしさで強烈なインパクトをあたえました。 Lobyに言わせれば、本作品はSF史上に残る名作であり、遠くない将来に”SF映画の古典”と称されることになるであろうと思っています。



続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。